, News

【個人向け緊急小口資金などの特例について】

こんにちは、コミュニティマネージャーの日永です。

厚生労働省 社会・援護局地域福祉課生活困窮者自立支援室より

コワーキングサービス事業者に向けて周知の依頼がありましたのでご案内いたします。

今般、国では、

「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策ー第2弾ー」を取りまとめ、

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入減少があった世帯の資金需要に対応するため、

「生活福祉資金貸付制度」における「緊急小口資金などの特例」を実施することとなりました。

「緊急小口資金等の特例」では、

一時的な資金が必要な方(主に休業された方)には、

緊急小口資金」により、10万円以内(小学校等の休業、個人事業主等の特例の場合は20万円以内)

を貸し付けると共に据置期間、償還期間を延長。

生活の立て直しが必要な方(主に失業された方)には、

「総合支援資金」により、例えば2人以上の世帯では月20万円以内を貸し付け、

措置期間を延長、保証人がいない場合も無利子。

とする特例措置を実施するとともに、

あわせて、償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯の償還を

免除することができることとしております。

周知、広報については、国、都道府県等自治体において

積極的に行うこととしておりますが、

コワーキングスペース利用者層のフリーランスの方等ご活用を検討されるケースもあるものと考えますので、

今般、「一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」との相談のもと、

コワーキングサービス提供事業者にリーフレットが送付されました。

こちらの制度についてのお問い合わせやご相談がある場合には

地域にある社会福祉協議会までお願いいたします。

宮崎市社会福祉協議会http://www.my-shakyo.jp/

宮崎のコワーキングスペースATOMicaでは、新規会員様を募集しております!

お問い合わせはこちらから!

Post Your Thoughts