, News

ATOMicaプロジェクトに沢山の仲間が増えました!

皆さん、こんにちは♪
ATOMicaの黒木です。

今日は少しだけ真面目なお話をしたいと思います。

先日メディア上でも発表があった通り、この度株式会社ATOMicaでは総額約1.8億円の資金調達を実施いたしました。

そこで今回のブログでは

『1.8億円の資金調達が完了したってつまりどういうことなの?』ということについて書きたいと思います。

私自身も今回の件を受け、この記事を書くにあたって、改めて勉強し直した部分もたくさんあるので、少しでもわかりやすい内容でお話できたらなと思っております^^

資金調達が完了したって、つまり?

ひらたく言うと

「ATOMicaプロジェクトに沢山の仲間が増えました!」ということになります。

株式会社ATOMicaという“プロジェクト”
これを一言で説明するのはとても難しいのですが…。

人と仕事と場所を繋いで、各地方にたくさんのコミュニティを作り、ときに地方と都心を繋ぎ、常に新しい取り組みを行いながら日本をもっと良くしたい!

という想いを実現させるためにATOMicaは存在します。

このATOMicaの想いに共感していただき

『おぉ、そうか、そういうことがしたいんだね。じゃあ応援するよ!』と思ってくれた方が“お金を出す”というカタチでATOMicaに携わってくれることになりました。

今回ATOMicaに出資してくださったのは

地元宮崎の銀行や福岡の銀行、東京や大阪の会社、そして起業経験があり会社を上場させた方etc…様々な投資家陣の方々がいらっしゃいます。

投資家の皆さんは“お金を出す”こと以外に
ATOMicaに対して『こんなふうにしてみたら?』とアドバイスもくださる役割もあります。

もちろん私たちATOMicaスタッフも、プロジェクトメンバーの一員です。

しかし、スタッフの場合は会社に“お金を出す”という参加方法ではなく、実際の運営をしたり、これから成長していくために様々な取り組みをしていく「実行担当の人」みたいなイメージでしょうか。

例えばRPGゲームって「主人公」の他に「魔術師や武闘家みたいな仲間」がいたり「助言をくれる町の長老」や「武器屋の商人」がいたりと、様々な役割の人達が出てきませんか?

今回出資をしてくださった方々は、そんなふうに重要な登場人物として参加・応援をしてくれているのです。

なんで資金調達をしたの?

まず、念のためにお伝えしておくと

「実はお金が無くて経営が立ち行かなくって…!」ということはないのでご安心ください(笑)

【資金調達】と言っても
その方法は様々で

・金融機関や公庫から借り入れをする方法

もあれば

・株式を新たに発行し、それと交換に資金を受け取る方法

などの種類もあり
目的に応じて最適な手段が異なってきます。

今回ATOMicaは「事業を今よりも加速させること」を目的として『第三者割当増資』という手段で資金調達を行いました。

ちょっと難しいワードですが、これは世の中のベンチャー企業がよく取る選択肢です。

ATOMicaは株式会社ビットキーと株式会社ディーサイングループがお金を出し合って2019年4月に作られた会社。つまり元々は子会社なのです。

だけど、ATOMicaはこれから“子会社”という立ち位置ではなく
「ATOMica」として自立したいと考えています。

ビットキーの子、ディーサインの子、という立ち位置ではなく、多くの人に株を持って頂き、“みんなのATOMica”という立ち位置から、世の中を良くしていきたいのです。

ATOMicaはこれから宮崎以外にも拠点を増やしたりと、やりたいことが山ほどあります。

「いますぐに取り組んで、もっと世の中を良くしたい!」

だけどそれにはたくさんの人のチカラやお金も必要になってきます。

自分たちの生み出す収益以上のお金を投資して、もっともっと事業を成長させ、
各地にどんどん笑顔を届けるために、熱い想いを伝えた結果、この度、親以外の大人にお金を出してもらえることになりました。

成長して恩返ししていく

出資をしていただいたということは、将来お返しをしなければなりません。

いただいた多くの期待にぜひとも応えていくのです、ATOMicaは!!!

今回、出資をしてくださった方々からたくさんのあたたかいコメントを頂戴しておりますので、ご紹介したいと思います。

◯株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ
代表取締役 福田知氏

株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズは、ふくおかフィナンシャルグループのVCとして、地域経済の活性化や新産業の創出に資するスタートアップ企業を支援しております。

地方都市の可能性を最大限に引き出すというATOMicaのビジョンに、心から共感し出資させて頂きました。

福岡・九州の産学官の皆さまとも連携しながら、人の温かさやわくわくする希望が感じられるような、地域の未来を一緒に創り出して参りたいと考えております。

◯株式会社オカムラ 
執行役員 働き方コンサルティング事業部長 大野嘉人氏

オカムラは、多様化するはたらく場所へのニーズに対応するとともに、モノとコトのトータルソリューションによる新たな市場の創出を目指しています。そのひとつとしてATOMicaへ出資しました。

地方都市中心というユニークな展開戦略とテクノロジーを活用した新しいコワーキングスペースへの挑戦に熱い魅力を感じています。

◯NOW株式会社
代表パートナー 梶谷亮介氏

地方都市の新規事業創出や若者の確保は各都市における最重要課題である一方、大変ハードルが高い問題。

運営とスケールが難しい事業ではあるが、ATOMicaは地方の企業、行政、大学、メディアなどを巻き込む力があり、スピード感を持って地方展開できるメンバーだと思います!今後のスピード感のある地方展開を期待しています!

◯株式会社宮銀ベンチャーキャピタル
代表取締役社長 今井正己氏  

コワーキング事業とソフト事業のかけ算で創業支援やビジネスマッチングに留まらず中心市街地活性化や地方都市の関係人口増加に寄与する可能性のある事業であり、地場金融機関グループを挙げて様々な支援を行っていきたい。

◯株式会社宮崎太陽キャピタル
代表取締役 志戸本和孝氏

次の2点を特に期待し投資決定を行いました。

・様々なコミュニティから相乗的な経済効果が生まれる可能性を秘めたコワーキングスペースであること。

・起業家やベンチャー企業が育ちやすい環境を提供することで、地元の活性化に繋がること。

最後に!嶋田のお話。

そしてATOMicaにはもう一つの大きな変化が。

これまで執行役員CBOを務めていた嶋田瑞生が代表取締役CCO(チーフコミュニティオフィサー)へと就任しました。

これによりATOMicaは
CEO江尻、COO赤沼、CCO嶋田の三代表制へと移行することになりました。

嶋田が代表になったことでより一層の事業成長の加速を目指します!

来月5日にATOMicaは設立1周年を迎えます。

まだまだこれからのATOMica。今後とも、みんなで楽しめるコミュニティ作りに邁進してします!

ぜひ一緒に日本を盛り上げましょう。

そして応援もよろしくお願いします。

宮崎のコワーキングスペースATOMicaでは、新規会員様を募集しております!

お問い合わせはこちらから!

Post Your Thoughts