, Interview

ATOMica Interview-vol.2【フリーランス保健師】柏田ひろみさん

柏田ひろみさん【フリーランス保健師】
宮崎県出身。

 「フリーランス保健師」と聞いたとき、どんなイメージが浮かびますか?きっと「…どんな仕事?」と思う方が大半だと思います。
 自らが‟幸せの種まき”を実践し『セルフケアを特別なものでなく、スタンダードにしたい。』と活動を続ける柏田さん。いつも笑顔で、あたたかく優しい雰囲気が漂う柏田さんの魅力に迫ってみました。

きっかけは祖母。

--‟フリーランス保健師”とはどんなお仕事ですか?

 保健師は「地域の看護師さん」のような役割で、各市町村や保健所、企業などで病気になる前のケアや検診、健康相談などを担当しています。学校でいうところの保健室の先生のような感じです。

 私の場合、初めから保健師になりたいと思っていたわけではありません。最初は看護師になろうと思って、看護学校へ通いました。その大きなきっかけとなったのが、近所に住んでいた祖母の存在。私は祖母のことが大好きでした。祖母は身体が悪かったので、看護師の資格を取ったらなにか役に立てるんじゃないかと思ったんです。私の決めた進路について、祖母はすごく喜んでくれました。だけど看護学校に入って1年目、私が19歳の時に、祖母は自ら命を絶ったんです。とてもショックでした。

 竹を割ったような性格の祖母だったので、きっと周りに迷惑をかけるのが嫌で、自分の死に方は自分で決めたかったんだと思います。あの決断は彼女にとっては正義だったのだと、今でこそ思えるようになりましたが、当時は「これからどうしよう…」と考え込んでしまいました。このまま看護師になることを想像したときに、それはなんかちがうなって。

 そして、私が辿りついた答えが保健師という仕事でした。看護師として病院に勤め、病気になった人をケアするのではなく、地域に出て日常に近いところで、一人でも多くの方が、より健やかに生きて、笑って生活して死ねる、というお手伝いができたらと思ったんです。

 保健師の資格を取るための学校へも通い、私は市町村で働く保健師になりました。看護師になろうと思ったのも、看護師ではなくて保健師になろうと思ったのも、きっかけは祖母だったんです。

(ワークショップ中、参加者のお子さんを抱っこする柏田さん)

 

 祖母の死からの得たものは大きく、保健師になった私は日々モチベーション高く働いていました。若さに任せてがむしゃらに、毎日情熱を注いで仕事に取り組んでいたのです。でも、そんなある日、がんばりすぎた私は倒れてしまいました。

--え?!倒れたんですか?柏田さんが?

 そうなんです(笑)仕事に没頭するあまり、自分のことはそっちのけにしていて。

--私の知っている今の柏田さんからは想像のできないお話です…

 一生懸命周りの人をサポートするあまり、自分が身体を悪くしてしまうなんて、本末転倒だなと感じました。ケアする人が自分のことを大事にして、まずは自分自身のケアをしていなければ、他人をケアすることを続けられないし、質もあげることはできないってその時に気付いたんです。

(先日のフリーランス交流会では登壇して頂きました。)

 

 自分を大事にして、自分が満ちて、それが溢れて、周りに伝わって自然に広がっていったら、ケアする人もされる人も、もっと良くなるんじゃないかと思いました。今でこそ、口グセのように「セルフケア」という言葉を使っていますが、意識をし始めたのはその頃ですね。

 転勤で市町村を辞めた後、妊娠・出産を経験しました。出産や子育てを通して、お母さんたちのセルフケアもとても大事だと感じていて。子育てが少し落ち着いたら、それをテーマに活動をしたいと考えていたんです。だけど、セルフケアの仕事をしたいと思ったとき、どこを見渡してもそういう仕事はなかったんです。そして、なかったら作ればいいんだ!と、次女が二歳のときにフリーランス保健師の活動を始めました。

布ナプキンをきっかけに。

--フリーランスになって最初の仕事作りが大変だったかなと思うのですが、何から始められましたか?

 私自身が布ナプキンを使ってとても癒されたことが大きくて、布ナプキンはセルフケアを伝えていくツールにとてもいいなって思っていたんです。ただ知識を与えるだけだったり、いきなり「セルフケアしましょう!」って言われても漠然としすぎていると思うんですね。でも、布ナプキンを使って、自分の体感を通して「こういうことか!」と気付いてもらった方が、伝わるのも早いんじゃないかと思いました。それで、自宅で布ナプキンを通したセルフケアのワークショップを始めたんです。

(布ナプキンの手縫いワークショップ)

 はじめは、一回の開催で5人くらい。それをコツコツ続けていたんです。だんだん口コミで広がって、外でワークショップをする機会を頂いたり。数年後には企業や様々なグループなどでお話をするまでになりました。小学校には現在も「みやざき布ナプ母の会」のお母さん方と一緒に年に数回お邪魔していて、子どもたちに布ナプキンという選択肢があることや、自分を大切にすることの重要性を伝えさせてもらっています。

 フリーランスになって10年くらいから依頼のお仕事の割合が増えてきました。色んな体験をさせて頂きとても学びが多い一方、自分のワークショップは週末や夜の時間を使って行っていて…本当に忙しい毎日でした。フリーランスを始めたばかりの頃とは真逆ですね。頂く仕事の量が多くなったときに「あれ、私なにがしたかったんだっけ?」となってしまって。働き方、そして自分の命の使い方をよくよく考え、依頼の仕事をリセットしたのが、2019年の春でした。

 それからは、これまで自分がやってきたことを整理したり、本当に自分がやりたいことについて考えたり。水面下での作業を進めていました。自分がやりたいと思っていることをちゃんと形にする努力をしようと思ったんです。それが誰かの役に立つかどうかは作ってみないとわからなかったけど、中途半端になってることをちゃんとやらないと、急な事故で自分が死んだときに「やっておけばよかった」って後悔するのは嫌だなぁって思って。

ATOMicaのことは◯◯で知りました。

--ATOMicaへいらっしゃった最初のきっかけを教えてください。

 ATOMicaの存在はラジオで聞いたんですよ。夕方のラジオでDJさんが、ATOMicaの代表の方に結構深く切り込んでインタビューをされていたんですね。それを聞いて、おもしろいなぁって思いました。でもそれからすぐにATOMicaへ行ったわけではなく、一か月くらいはバタバタと過ごしていました。

--まさかのラジオからのお客様がいらっしゃってびっくりしました!

 そうだったんです、ラジオがきっかけ。そしてやっと時間が取れたときにワンタイム利用で使わせて頂きました。ラジオで聞いていただけでは伝わらなかった部分が、実際に来てみてクリアになりました。こんなところなんだぁって。

--コワーキングスペースというものや、場所にお金を払うことに対して抵抗はなかったですか?

 入ってみないとわからないじゃないですか?私、体感型なんです。いくら聞いたりHPを見ても、空気感とか、それが自分の感覚と合うかどうかってわからないので。一度行ってみて、体験してから考えようって思って利用させてもらいました。そして、ワンタイム利用に初めて来た日に、入会を即決。次の来館時には契約させてもらいました。

--早かったですね。不安はなかったですか?あとは決め手も教えて頂きたいです。

 不安はなかったです。スタッフさんのお話の仕方もとても上手で、安心できました。決め手はいろいろあるのですが、私の場合自宅から徒歩圏内なのもよかったです。私、歩きながら頭の中を整理するのが好きなので。あとは、フリーランスになってからずっと続けてきたワークショップも、ATOMicaだとやりやすそうだなって直感で思いました。

--今や毎月恒例、大好評のイベントになりましたね。

 立地がいいので、参加される方へ場所を教えやすいのも助かっています。自宅や他の場所を借りている時は、そういった細かい点も大変でした。ATOMicaは街中にあってバス停も目の前なので、アクセスしやすく参加者から好評です。あとは雰囲気もいいですし、ATOMicaでワークショップを開催するようになって、またこれまでとはちがったエリアの方が来てくれるきっかけにもなっている気がしています。

(ふんどし手縫いのワークショップにて、スタッフの鶴田と)

ATOMicaに来るようになってから、時間の使い方が上手になりました。

--ATOMicaではいつもどんな仕事をしてらっしゃるのですか?

 最近は、以前出版していた本をベースに電子書籍を書き上げていました。あとは、去年からオンライン講座をやっているのでワークの内容を考えたり、メルマガ配信を定期的に行っているので、原稿を作ったりしています。メール講座は無料公開中で、これから内容もバージョンアップさせていきたいと思ってます。ブログやSNSでの発信にも力を入れています。最近、オンラインショップも作りました。

--ATOMicaのお気に入りのポイントを教えてください。

 環境が整っているので、ものすごく集中できます。自宅で2~3日かけて取り組むより、ATOMicaに来て1日でギュッと作業をした方が能率も上がって仕事の質も上がりました。あまりにも集中しすぎちゃうので、ATOMica内でちょこちょこ使う場所を変えてみたりして。さっきもカウンターのところで立って作業していました。

 街中なので休憩がてら近くをお散歩できることもいいですね。郵便局も本局が近いので便利ですし、こないだは蜂楽饅頭を食べに行ったりもしました。所用も片付けやすいし、楽しんでいます。時間の使い方が上手くなりました。

 あと、ATOMicaの魅力はスタッフさんがすごくいい。いつもすごく応援してもらってる感じがして本当に感謝しています。どのスタッフさんもスキルを持ってらっしゃるし、まだまだいろんな引き出しを持っていそうで、これから楽しみです。

--ありがとうございます!確かに面白いメンバーは揃っていますね(笑)

(陶芸家のご友人・畠田光枝さんと)

--どんな方にATOMicaをオススメしたいと思いますか?

 私みたいにフリーで働いている方はもちろんですが、家族での利用もオススメしたいですね。娘と一緒に来ることもありますが、私は仕事をして娘は勉強をして。家にいる時とはちがう雰囲気でお互い集中して作業できるのがいいなと思っています。

 あとは、中小企業さんの利用もすごくいいと思います。私は10Daysプランの利用をさせて頂いておりますが、社員全員で時間単位で使えるプランもあるようなので。見学がてら気軽に相談されるといいかと思います。

--なんと、ATOMicaの宣伝までして頂き…!ありがとうございます。見学はいつでも気軽にお越し頂けるとうれしいです。

これからも幸せの種まきを。

--柏田さんのワークショップ、最近はコラボも増えましたね。

 コラボする理由は、掛け算だから。広がりが面白くって。

--お嬢様とのコラボも素敵でした。

 ありがとうございます。私は娘のことを一人の人間として尊敬しているので、彼女とコラボのワークショップができたことはとてもうれしかったです。これからは宮崎の人だけではなく、県外の人ともコラボしたくって。ウェブを繋いでゲストを呼ぼうかなとかも考えています。もうすでに何人かに打診しているんですよ。

--それはすごい!ぜひ実現させましょう!いつもの熊の間で♪

 私の自慢は、私の周りの人がとっても素敵な人ばっかり!ということなんです。

--それは柏田さんが素敵な方だからです!類は友を呼ぶですよ。

 いやいや私は沢山周りの方に助けて頂いていて。素晴らしい方々と繋がらせて頂いてることがうれしいんです。そういう方たちをATOMicaに連れてきてコラボイベントやりたいなって思っています。

(いつも笑顔がいっぱいの柏田さんのワークショップ)

 私は、私が生きていることを通して「ひとりがひとつ持っている身体、その声に耳を傾け、それぞれが自分自身と仲良く生きていく、そしてその方の本質を使って、世の中をより素敵なところにしていく」ことのお手伝いができれば幸せだなぁと思っています。

 セルフケアを特別なものでなく、もっと当たり前の世の中にしたくって。ノコギリを砥がずに木を切るよりも、ノコギリを研いで木を切ると、綺麗に早く切れるし、何より気持ち良くて楽しい。そして自分をケアして自分と繋がることによって、周りの人ともあたたかく深く繋がることができる、そう信じています。

 今の仕事が好きだからつい働きすぎちゃうんです。大変な時もあるけど、でもね、やっぱり楽しい。自分が描いたものを形にしていくっていうことがこんなに面白いんだって思って。これまでいろんなことを経験してきて、バランスが大事ということはわかっているので、もっともっと軽やかに笑いながら日々の仕事に取り組んでいきたいなと思っています。

 娘たちにはいつまでも人生に希望を持ってもらいたい。そのためにも、私自身が活き活き楽しく、幸せに生きてる姿を見せてきたいです。

--これからも、スタッフ一同応援しています。ありがとうございました。

インタビュー・文・写真
ATOMica 黒木佑貴乃

There are 3 comments

  1. http://伊福美輝

    ATOMicaで会員になったばかりの伊福と申します。
    今回のブログ、非常に興味を持って読ませていただきました。
    私もセルフケア(メディカルアロマ・ミネラル)をもっと普及させてたいと思っていて、
    ぜひ、柏田さんとお話がしてみたいです。
    もし可能でしたら、メールをいただけるとありがたいです。
    お忙しい所恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

    1. http://ATOMicaスタッフ

      ありがとうございます。
      柏田さんにはスタッフからお伝えさせて頂きますね。
      改めてご連絡差し上げます。

Post Your Thoughts