, About Staff

つわぶきハーフマラソン

こんにちは!コミュニティマネージャーの日永です。

先日17日の日曜日に実に数年ぶりのマラソン大会に参加してきました。10年近く前は趣味はランニングです、と言えるほど走っておりフルマラソンを7回走って全部完走してます。

実はフルマラソンの大会はそこまで多くなく、自治体が取り組んでいるマラソン大会は大体ハーフマラソン以下のものが多いです。

宮崎でも市民ランナーが参加できるフルマラソンの大会は青島太平洋マラソンと陸連登録が必要な延岡西日本マラソンくらいです。

日南市で行われたつわぶきハーフマラソン大会もそのような大会の一つで、今回私は妻と一緒に5kmの部にエントリーしました。実は息子と一緒に親子ペアの部で3kmにエントリーしようとしていたのですが、小学校3年生になる息子のスピードについていく自信がなくて家族全員ソロでエントリーすることになりました。

かつてマラソン大会といえばフルマラソンかハーフマラソンにしかエントリーしたことはなく、短い距離はコスパが悪いと敬遠していたのですが、かなり期間を空けてしまっていたのでとてもじゃないけど長い距離は走れる感じがしなかったのです。練習をしないと短い距離でも走れないことはよく分かっているので、たかが5kmとなめたりせず少しずつ練習をして臨みました。

結果は、28分20秒くらいで妻に20秒ほど先んじてゴールすることが出来ました。練習の時と違って本番ではどうしてもペースが上がってしまうので注意していたつもりだったのですが、案の定走っている間中呼吸が落ち着くことはなくゼイゼイ言い続けてゴールしました。全盛期には遠く及ばないものの、現時点でのベストは尽くすことが出来ました。

それにしてもつわぶきハーフマラソン大会のおもてなしは素晴らしかったです。地鶏の炭火焼や豚汁、みかんなどがこれでもかと振舞われ、設置したテントの下で食べることが出来ます。

今年はガーミン社がスポンサーに付いたとのことで、モデルの道端カレンさんが会場にいらっしゃいました。抽選会の景品としてガーミンの新商品が供され、参加賞のスポーツタオルもいいものでした。

マラソンのブームは最盛期より少し落ち着いたものの国内で1000万人近くの人が走っていると言われており、多くの自治体が主催して大会を開いております。

中にはややずさんな運営がみられる大会もありますが、この大会は地域の婦人会や学生ボランティアが一体となって盛り上げようという気持ちが強く表れており何度でも参加したくなる大会でした。

日南ということで、宮崎市から向かう道中、帰りの道中、車窓からずっと海が見えていました。

海の青、空の青、共に美しいです!!

Post Your Thoughts