, About Staff, Daily

『休校の過ごし方』

こんにちは、コミュニティマネージャーの日永です。

3月も半ばとなり、南国の宮崎では徐々に日差しが強くなってきましたね。

さて、私には小学校3年生の息子がいるのですが、

コロナ騒動で学校が休校措置になって早くも2週間が経過しました。

2月末に臨時休校が決まった時は不謹慎ながらとても喜んでいた息子ですが、

夏休みなどの決まった休暇ではなく突然決定したものだったこと、

イベントや催し物が軒並み中止になった上に

図書館や公民館などの公共施設の多くが閉鎖されてしまったことなどから、

家に閉じこもったままの状態が続いてストレスを溜め込んでいます。

4月になるまでこの状態が続く予定なので、

あと3週間は軟禁生活を強いられることになります。

さすがに最近では学校に行きたい、

友達と遊びたいと不平を漏らすようになりました。

大きな影響もない3年生の息子はともかく、

卒業に向けてこれから盛り上がるところだった6年生は気の毒でなりません。

入学式や卒業式だけでなく、結婚式、葬式など、

式はひとつひとつが人生の区切りであり、

当事者もそうですが支えている周囲の人にも影響を与えるものですからね。

わが家は共働きで、長期休暇は児童クラブに預かってもらうのですが、

まだ学期中ということで児童クラブには預けられません。

誰が面倒を見るのかでなかなか大変な毎日なのですが、

そんなに悪いことばかりでもありません。

コロナウイルスで注意すべき点としては

不要不急の外出を避けるのはもちろんですが、

屋内

お互いの距離が十分に取れない状況

一定時間滞在すること

で感染のリスクが上がるとのことですので(※下記参照)、

※内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策 

https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

休日には息子のストレス発散のために広い屋外に連れ出しています。

海に行ったり、野生馬を見に行ったり、菜の花畑に行ったり。

日中は暖かくなって春の到来を感じるようになりました。

一年で一番いい季節ですので、この時期を逃すのはもったいないです。

現在のところ政府の方針はうまくいっているように見えますが、

もちろん油断は禁物です。

一番重要なのは自身が罹らないようにすることですので、

しっかり栄養を取って睡眠時間を確保して、

健康を維持するようにしたいですね。

Post Your Thoughts