, About miyazaki

宮崎のコアな方言講座◎ 第2回は「もぞなぎい」〜もぞらしいとは関係ない〜

皆さん、こんにちは♪
ATOMicaの黒木です。

 

以前お届けした
宮崎県の方言ご紹介ブログ。

 

実はこっそり人気があったので第二弾をお届けしたいと思います♪

 

 

まずは復習♪「もぞらしい」の意味

 

前回は「もぞらしい」の意味について解説しました。

 

もぞらしいの意味は『かわいい』です。

 

例文

「あん子は(あの子は)もぞらしいね〜!」

だと

「あの子はかわいいね〜!」

となります。

 

 

今日ご紹介する方言は『もぞなぎい』

 

 

はい、今日は『もぞなぎい』です。

前回のもぞらしいと何がちがうの?!という感じですが(笑)

すぐに意味がわかる人はきっといないはず…!

 

 

例文)

暗い話を聞いたときに

「んまぁ〜、もぞなぎこつ。」

「そりゃ、あんたがもぞなぎがねぇ〜!」

などと返します。

 

なんとなく意味がわかりましたか?

 

 

『もぞなぎい』の意味は可哀想。

 

 

もぞなぎいは「可哀想」という意味です。

 

先ほどの例文を訳すと

「まぁ、それは可哀想だね」

「そんなことしたら、あなたが可哀想でしょ(辛いでしょ)」

という意味になります。

 

可哀想の意味に少し、相手を心配する気持ちも含まれているように感じます。

 

 

 

私が祖母のように慕う70代のお友達は

「じゃけん、そっじゃと、もぞなぎがやぁ」

と会話の中でよく使っています。

 

こちらを現代語訳してみると

「こんなことがあってね。
でも、それだと可哀想じゃん?
だから、◯◯したのよ(してあげたのよ)」

です。

 

もぞなぎいの“なぎい”の部分は

泣くが訛った言い方なのかもしれない…と

個人的に予想しています。(真相は不明)

 

 

まとめ

 

「もぞなぎい」も「もぞらしい」と同様、使うのはご年配の方が多いです。

私たちの世代が
日常会話で使うことは…ありません。

だけど、もしかして、
こうやってどんどん方言が消えていくのでしょうか…!

 

せめてATOMicaのブログを通して記録を残してゆきます。

 

第三弾も乞うご期待★

 

 

〜宮崎県民のみなさまへ〜

この方言取り上げて!
というリクエストがあれば
ぜひコメントをお願いします♪

 

 

 

宮崎のコワーキングスペース
ATOMicaでは
新規会員様を募集しております!

お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Post Your Thoughts