, Daily

台風10号、みなさん被害はございませんでしたか?

こんにちは、コミュニティマネジャーの日永です。

昨日からの台風10号、みなさん被害はございませんでしたか?

けがをされた方の一日も早い快復を願いつつ、
大きな被害がなかったことにまずは、ほっとしましたね。

台風は地震などと違って予測して準備出来る災害ではありますが、
水害や土砂崩れのような人命に関わる深刻な事態を引き起こしますので
本当に厄介ですね。

さて、今回の台風10号ですが、
直撃コースを外れてほとんど影響のなかった9号の後だっただけに
何となく緩みがあったのは事実です。

それが少しずつ近づくにつれ
「過去最大級」だの「観測史上最悪」といった言葉が
報道で聞かれるようになって、これは本当に危険なのではないかと、
台風慣れしてのんびりした宮崎県民も準備を始めました。

水やカップ麺、パンなどがスーパーの棚から姿を消し、
最悪の事態に備えることが出来たのはよかったのではないでしょうか。

実際、報道されていた程、猛烈な台風にはならず、
各地で停電の被害などはあったものの、河川の氾濫もなかったので
最悪の事態にはならずに済みました。

停電も頻繁に起きているようですが、すぐに復旧しています。
電力会社のみなさんには本当に感謝です。

また、河川の氾濫に備えて水門の監視をしてくれていた方々、
不測の事態に備えて夜通し待機してくださっていた消防団のみなさん、
避難所の準備を早くからしてくれていた行政のみなさん
「大したことなくてよかったね」と言えるのは全てこの方たちのおかげです。

今朝、風がずいぶん収まったので、
普段通り宮崎県立文化公園の外周を走ったのですが、
朽ちかけていた木が根元から折れ、枝が折れてあちこちに散乱していました。

人的被害は最小限に抑えられても、そのくらいの威力のある台風ではあったわけです。

九州地方、特に南九州は毎年台風の被害が出るので
変に「慣れ」ているところがあります。

今回の台風でメディアが強い表現を使ったので大勢の人が備蓄に走りました。
裏を返せば、そうまで言ってもらえなければ
備蓄をしていなかったということでもあります。

無事に暮らせているのは多くの人の変わらぬ献身のおかげであり、
平時の備えが大切だということが改めて分かりました。

テレビ下へ避難する我が家の子猫

今回はボンベルタ橘の営業時間変更により、ご利用者のみなさまには多大なご迷惑をお掛け致しました。

不測の事態であってもすぐに対応出来るよう、スタッフ一同頑張ってまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

宮崎のコワーキングスペース
ATOMicaでは
新規会員様を募集しております!

お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Post Your Thoughts