, About Staff

【日永ッセイ】三密守って楽しめるランニングのススメ〜前編〜

皆さん、こんにちは♪
ATOMicaの黒木です。

 

今回はGWスペシャル企画
ということで

ATOMica宮崎マネージャーの日永に「ランニング」をテーマに執筆をお願いしたところ
超大作をいただいたので二部に分けてお届けしたいと思います♪

今回の企画、名付けて

【日永ッセイ】

日永さんとエッセイをかけました!
(なかなかよくないです?笑)
それでは、前編をお届け!

みなさんこんにちは!コミュニティマネージャ―の日永です。

暦の上ではゴールデンウイークですね。

旅行の計画を立てていたりイベントを企画していたり
楽しみにしていたことがたくさんあったかと思いますが
今年は大変残念なことになってしまいました。

そこで!
時間を持て余し気味なみなさんに
三密を避け、一人でも楽しめる趣味である
「ランニング」について語りたいと思います。

かつて宮崎県知事だった東国原英夫氏が現役の頃、出張帰りに宮崎空港から県庁まで走っていたそうです。

 

それについて彼は


「自分の好きなことをやっているにも関わらずなぜかほめられる。これがゴルフだったらこうはいかない」


と笑いを交えて語っていました。

 

「STAY HOME」であっても日々の買い物と共に体を動かすことは必要、ということでむしろ推奨されている散歩やジョギング。

ブームになって久しいですが、今まで何となく始められないでいたあなた!
これを機にトライしてみませんか?!

かく言う私も今でこそATOMicaのぽっちゃりコンシェルジュとして締まりのない身体を晒しておりますが、フルマラソンを7回完走しており、ハーフマラソンの大会は年に数回走る生活を10年近く続けておりました。

記録も市民ランナーとしてはまずまずで、フルは4時間を切りましたし、ハーフマラソンのベストタイムは87分です。

 

ハーフでベストを出したのは「日向ひょっとこマラソン」という何とも拍子抜けする名前ながら、宮崎県内におけるマラソン大会ではもっとも過酷な登坂のあるコースの大会で、ゴール後に両足が攣る壮絶な体験をしました。

余談ですがこの大会では就任直後で最も人気のあった東国原知事と12kmから13kmまでの1kmを並走し、沿道からの声援をいっぱいに浴びるという得難い経験をしました。その後はあっという間に先行され置いていかれましたが。

最近でこそほとんど走っていませんが
頑張っていた頃はほぼ毎日時間を作っては走っており、かなりハマっていました。

しかし、始める前は自分からマラソンを走りたいと思ったことはなく、熱心に誘ってくれる人がいてなんとなく始めたんですよね…

 

 

後編に続きます!!!

 

 

 

宮崎のコワーキングスペースATOMicaでは、新規会員様を募集しております!

お問い合わせはこちらから!

Post Your Thoughts