, Daily

情報でつかれないために。

皆さん、こんにちは♪
ATOMicaの黒木です。

 

 

いろんな情報がありふれてて
情報過多な現代に
追い討ちをかけるように
今回のコロナウイルス。

 

飛び交う情報に
本当につかれてる方が多いと思います。

 

 

そこで今日は
【情報につかれないための方法】について書いてみたいと思います。

 

 

①ニュースをみる時間を決める(テレビもスマホも)

特にコロナウイルスのことが心配で
1日に何度もニュースを確認してしまう方は多いと思います。

しかし情報収集は1日に2回もすれば
重要なことは耳に入って来るそうです。

情報を見過ぎないこと
適度な距離をとることを
意識してみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は
スマホに「Forest」というアプリを入れています。

スマホの使いすぎ防止にとても役立つので
気になる方はチェックしてみてください♪(有料アプリです)

 

 

②噂を信じない。

誰かと会話していると、時々
「え?」と思うことがあります。

それどこの情報なの?

というような根も葉もない噂話。

噂話はあくまでも “ウワサ”

だけど、特に田舎では噂が広まるのが早い気がします。

 

 

③多方面から物事をみるように心がける

全てのニュースが正しいとは限りません。

記事を書いている方にも
その人なりの考えが根底にあるはず。

事実は一つでも
捉え方は本当に人それぞれです。

自分の意思をきちんと持つことを大事にしましょう。

 

 

ホテルシェルターの話

ここでちょっと話は変わりますが
先日こちらのブログで取り上げたホテルシェルターのお話

紹介記事を読んだ方から

「自分の知らない世界にいろんな人がいるんだな、と思った」

と感想をいただきました。

 

 

身近なことだけに目を向けがちですが
世の中には自分が想像もできないようなカタチで
被害にあっている方も数多くいらっしゃいます。

 

似たような内容でこんな記事もありました。

家にいられない少女救え

 

ホテル関連だと
宮崎グリーンホテルのこちらの記事。

こちらのニュース
宮崎では知っている方がほとんどだと思いますが

最後の「男性に対して補償を求めない」ことに対して
宮崎グリーンホテルさん、素晴らしいなぁと思いました。

 

 

おまけ

最近よく目にする「コロナ禍」←これ、なんて読むかわかりますか?

「コロナうず?」…私もそう読んでました。笑

 

 

正解は『コロナカ』と読むそうです。

 

コロナ禍について解説してあるこちらの記事も、どうぞ。

 

あと、こないだスーパーに行ったら
小麦粉が売り切れていて
なぜだろうと思ったら

こんなことも起きているようです。

 

コロナ禍「パンを作る人」が激増している背景 

 

 

以上、クロキの気になる“記”でした。

 

 

 

宮崎のコワーキングスペースATOMicaでは、新規会員様を募集しております!

お問い合わせはこちらから!

Post Your Thoughts