, ATOMatch

【農業体験】マルイチの自社無農薬畑「日向百生会」へいってきました!

こんにちは!
ATOMicaの倉橋です。

 

先日はマルイチ×ATOMatchの活動の一貫で、日向百生会へ就農体験へいってきました!

 


 

とっても広大な土地です!
なんと四町部あるとか。(東京ドームのグラウンド3個分です)

 

 

日向百生会とは?

 

自然いっぱいの野菜をいつも食卓に」をコンセプトに日向百生(ひゃくしょう)会の畑で大切に育てられた体にやさしい野菜をみなさまにお届けしたいと考えています。
 
 その日の朝に収穫した野菜たちをすぐにパッケージングするから鮮度も抜群。お昼頃にはマルイチの店頭に並びます。野菜の苦手なお子さまでもその美味しさがわかる野菜です。

 

そうなんです!無農薬畑で作られているお野菜なのです。

マルイチコミュニティをスタートするまで、お野菜に対する知識はゼロで、スーパーに並んでいる野菜を無作為に購入していました。

そんな私も改めてオーガニック野菜を買ってみると「味」が全く違うことに気づきます。

食物の本来の旨味ももちろんですが、オーガニック野菜を食べているとなんだか心も健康になれる気がしますね♪

 

 

それでは、就農体験についてレポートしていきます_φ(・_・

 

朝6:00にボンベルタを出発し、宮崎市から日向市まで2時間ほど車を走らせ、財光寺駅近くにあるマルイチ財光寺店まで移動しました。

 

この日は宮崎大学のあっくんが、運転して連れて行ってくれました。優男。

 

少し早めについたのでマルイチで待っていると、真っ赤なスポーツカーが登場!

高木資子さんのお車でした!(チワワが乗ってそうだよね、なんて会話をとみんなでしていたら本当にチワワを飼っていらっしゃいました。驚)

 

日向百生会は住所がない(?)とのことで、高木さんの後ろをついていきます。

 

到着すると元気な鶏が「コッケコッコー♪コッケコッコー♪」とお出迎えしてくれました。(笑)

 

天候に恵まれて、空気が澄んでいて日差しも暖かく最高のロケーションからスタート!

 

 

しかも、私が参加した日はマルイチさんのCM撮影が行われる日!ということで、料理研究家のコウケンテツさんにお会いすることが出来ました。

コウケンテツさんとマルイチの社長さんが共演されるCM。関係者の方が多く、賑わっている印象でした。

 

記念にぱしゃり!

(すごく背が高くて笑顔が素敵…)

 

はじめに、長靴に履き替え軍手を身に着けて、雑草などを刈ってトラクターに乗せます。

この作業が地味にキツイんですが、だんだんやってくるとカラダが慣れてきたのか楽しみながらやっていました。

 

 

畑もきれいになり、次は京芋掘りするために軽トラにのって移動します。

 

京芋は、別名タケノコイモとも呼ばれて、本当にタケノコのような見た目をしています。

肉質ずっしりしており煮崩れしにくいのが特徴で、煮物やおでんに入れると美味しいみたいです♪

 

収穫をするまでに、
雑草を取り除いたり、
茎をカットしたり、
掘り起こして根をカットしたり…

と作業工程が多い上に肉体労働でかなりキツイ。

最初は喋りながらやっていた学生メンバーもモクモクと作業していました。

 

会長に作業方法をレクチャーしていただきました

 

京芋を掘り起こしていきます

 

私はアドレナリンがでてきて逆に楽しめたのですが、別日に参加していたATOMicaスタッフの黒木はしんどくて泣きそうになったらしいです。(笑)

 

お野菜が店頭に並ぶ前にこうした農家さんの努力や作業を実際に体験することで、野菜に対する見方も変わります。

 

京芋の掘り起こしが一段落ついたところで、お昼休憩です!

お昼はマルイチで作られたお弁当を堪能しました。

 

マルイチで作られた美味しいお弁当
オーガニック野菜を使ったサラダを堪能!

 

揚げ物や卵焼きなど疲れたカラダが喜ぶメニューでエネルギーチャージできます。

個人的にお弁当は苦手(中高6年間お昼休みはずっと外食というくらい笑)なのですが、マルイチさんのつくるお弁当は白飯に合う美味しいおかずが沢山入っていました。

 

お昼休みはそんな美味しいお弁当を楽しみながら、会長・社長へ質問タイムです!一部抜粋です↓

 

Q.JAS認証を取得するまでにはどのような取り組みがありましたか?

A.生産管理工程を可視化し、報告。使用している肥料が非科学であることを証明するために3年間記録し続けました。

  

Q.消費者へどういう思いで買ってもらい、食べてもらいたいですか?

A.農薬が含まれている野菜が及ぼす身体への影響が大きいことを知ってもらい、無農薬野菜の大切さを知ってもらい、安全な食事を届けたい。

 

Q.宮崎県は高温多湿で虫が湧きやすく無農薬栽培はかなり難易度が高いのではないでしょうか…?

A.日向百生会が使っている肥料は、「おから・籾殻・くず米」などの穀物に天然微生物を混ぜて発酵させた、植物性のぼかし肥料を使っています。そのため虫がわきにくく自然にも優しい肥料なのです。

 

ここには載せていない内容が沢山ありますが、もう、とにかく、会長の大ファンになりました。(笑)

 

もっとお話を聞きに行きたいので第二弾を開催できないか計画中です!

 

お話はあっという間に終わり、最後に高木さんに日向百生会を案内していただきました。

わさび菜の食レポです。(笑)

 

 

お土産をもらったメンバーもいたようで、後日頂いたお野菜を使った料理をUPしています!

 

日向百生会の皆様お忙しい中ありがとうございました!!!!!

 

 

 

 

 

宮崎のコワーキングスペース
ATOMicaでは
新規会員様を募集しております!

お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Post Your Thoughts